2023.04.28

『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』ゲーム内容をご紹介
■『マーダーミステリーパラドクス このひと夏の十五年』とは
本作は、アナログゲームの新ジャンル「マーダーミステリー」をモチーフにした独自の推理システムを特徴とする、完全新作ミステリーアドベンチャーです。プレイヤーは人口数百人の離島“式音島”を舞台に、繰り返し発生する怪事件の謎を解き明かしていきます。『Fate/Grand
Order』『キングダムハーツ』『ディシディアファイナルファンタジー』の制作に携わった、塩川洋介がプロデューサーを務め、企画・開発を213℉が、販売をAniplexが担当し、2023年にSteam®でのリリースを目指して開発しています。

■離島を舞台に連続怪事件の謎を解き明かす、マーダーミステリーADV!
2004年8月。人口数百人の離島、式音島。15歳の少年「天沢 樹」はこの夏初めて式音島を訪れた。養母の実家で血の繋がらない従兄弟たちと出会い、穏やかな時を過ごす。この時、樹はまだ知らなかった。“式音島の神隠し”と呼ばれる怪事件が、この島で繰り返し起きていることを。そして、自分の大切な人たちが、事件の謎に深く関わっていることを。はたして樹は怪事件の真相を解き明かし、大切な人たちを救うことができるのだろうか……。   














■マーダーミステリーをモチーフにした、独自の推理システムを採用!

本作は、「人狼」「脱出ゲーム」に続くアナログゲームの新ジャンル「マーダーミステリー」をモチーフにした、独自の推理システムを採用しています。プレイヤーは、閉鎖的状況の中で起きた事件の犯人捜しに参加します。ただし、プレイヤー自身も容疑者の一人として、他の人物たちから疑われる立場にあります。限られた時間の中で、プレイヤーは容疑者たちとの会話を通じて事件の手がかりを集め、そこから推理し、真相を暴いていきます。それと同時に、プレイヤー自身の疑いを晴らすため、周りからの信用を集めていく必要があります。十分な信用が得られないまま終わりを迎えると、プレイヤー自身が犯人にされてしまうことも……。 





■名作マーダーミステリー『ランドルフ・ローレンスの追憶』の作者が、シナリオを担当!
本作のシナリオは、マーダーミステリー『ランドルフ・ローレンスの追憶』を手掛けたクリエイター佐藤
倫(じゃんきち)が担当します。『ランドルフ・ローレンスの追憶』は「CEDEC AWARDS 2021」ゲームデザイン部門で優秀賞を獲得し、「グローバルマーダーミステリー大賞2020」ではユーザー投票によって大賞に選ばれるなど、ゲーム業界およびゲームユーザーの間で高い評価を得ている推理ゲームです。